MBAとは?経営学修士を学ぶ

MBAとはどのような資格なのか?どのようなことを学ぶことができるのか? - MBAとは?経営学修士を学ぶ

新着情報

◆2016/05/16
MBAとは?経営学修士を学ぶの情報を更新しました。
◆2016/05/09
サイトマップの情報を更新しました。
◆2016/02/08
系統・領域とスクールの違いについてを新規投稿しました。
◆2016/02/07
MBAを学ぶメリットとはを新規投稿しました。
◆2016/02/06
MBAの認証についてを新規投稿しました。

MBAとは?経営学修士を学ぶ

ykuylf
現代社会においては、資格試験というものが非常に有利に働くようになりました。
即戦力になるなどと様々な理由がありますが、今回はその資格の1つであるMBAについて見ていきましょう。
どのような資格で習得方法はどのようなものになっているのでしょうか。

MBAとは

Master of Business Administrationの略称で、日本語ですと経営学修士というものです。
組織にとっての人的資源管理・財務会計・オペレーションマーケティング・情報に関わるテーマを体系的に学び習得している人のことを言うのです。
経済を理解するうえにおいてマクロ・ミクロ経済学がプラスされ。基本的な科目にて構成されているのです。
これらの知識を基本に実務的に経営戦力を学んでいくMBAは、他に多数ある修士号とは異なったものであり、職業的な能力の習得という部分に位置づけられているのです。

代表的な4つの習得方法

さて、資格取得についてですが代表的なものとして4つ掲げることが出来ます。
それが以下の通りとなっています。

  1. 海外フルタイム(主として英語・留学)
  2. 日本フルタイム(主として日本語)
  3. 国内パートタイム(主として日本語)
  4. 通信教育(英語・日本語双方)

というものに分かれるのです。
これらの方法はどれでも終了時に学位を取得することが可能ですので、方法を選択することによって履修期間やそれにかかる費用、使用する言語やキャリア中断の有無に違いが出てくるでしょう。

ハードルが高いといわれている海外留学

上記4つの方法の中で、特に海外留学のよりものはハードルが高いとも言われているのです。
その代わりに大きなメリットがあるともいわれています。
必要な費用やスクールやその方法によって異なってきますので、その点が大きなボトルネット苦なっているようです。
キャリアを一時中断しなくてはなりませんから、慈悲で留学するという方においては在学中に収入がなくなってしまうことも多いのです。
このことから、資金計画というものも非常に重要なポイントともいえるでしょう。

海外ビジネススクールへの応募について

海外ビジネススクールに応募したいという方においては、5つの準備すべきものがあります。
願書・推薦状・GMATのスコア・TOEFULのスコア・最終学歴に応じた職歴(実務経験2年以上)というものが必要になります。
上記のことでお分かりかと思いますが、準備だけでも1〜2年程度は時間を要するでしょう。

習得方法の選択

どちらの取得方法を選択するにしても、それぞれに一長一短が出てくるでしょう。
ですから、自分自身のキャリアプランや生活環境、または現実的な職務の状況などをトータル的に考えて、どの形態のプログラムを選択し学んでいくかをじっくりと検討することが必要といえるでしょう。
それだけの工程を経ても価値がある大きな自己投資がMBAともいうことができるでしょう。
今では、取得に向けたコンサルタントサービスなどもありますから相談してみるというのも良いかもしれません。

目的にあわせた選択を

簡単に触れていきましたが、専門に学ぶプログラムを集中させたスクールなども今では数多く存在しています。
学びたい分野というものがはっきりとしているかたは先のようなプログラムのスクールを選択するというのも良い方法でしょう。
また、コア科目と選択科目に関してはビジネススクールによって・年次によって異なるという場合があります。

Copyright(C)2016 MBAとは?経営学修士を学ぶ All Rights Reserved.